アドラー心理学サロン

アドラー心理学で悩みを解決する糸口を探ります。

【他人との距離感:メールでのご相談事例】

アドラー心理学サロンです。


メールにてご相談頂いた内容を事例として質問と回答のセットでご紹介致します。


個人情報に関しましては、ぼかしを入れますが、皆様のお悩みの解決の一助となれれば幸いです。


※個人情報の保護の観点から、回答文に失礼な表現が含まれますが、実際の言葉遣いとは異なります。


Q1. ご相談

・年齢(年代でも可)

20後半

・性別

女性

・職業

学生

・ご相談内容

初めまして。私にはとても尊敬する方がいます。SNSだけの関係なのですが、その方とは創作関連で知り合いました。


かなり年下ですがとても素晴らしい絵や文章を描かれる方で、趣味や好みも合う、何より彼女の創作作品が大好きで、正直リアルで出会いたかったと思えるほどです。 


ただ、若さゆえか彼女の言動や行動に少し問題があることが度々あり、それを見たり聞いたりするたびに憤りを感じたり、反対に彼女以上に心配し、嫌われる事を承知で忠告してしまうなど彼女の行動に一喜一憂してしまう現状です。


彼女と話したりする時間が楽しい反面、精神的に疲れを感じる…正直SNSでこんなに疲れてしまうなら離れたほうがよいのでしょうが、尊敬している気持ちが強い事と、離れてしまえば彼女の創作を見ることも一緒に創作活動することも叶わなくなることが辛いので出来ずにいます。


決して仲が悪いわけではないのです。リアルを含め、今まで出会った人達の中で彼女以上に趣味趣向が合う方はいなかったので、彼女に依存している面があると思います。


今後彼女とどう付き合っていけば良いのか悩んでいます。

 

この溜まった気持ちを誰かに聞いてほしかったのが一番大きいのですが、これからどうすればいいのかと悩んだ末メールしました。

よろしくお願い致します。

 

A. 回答

アドラー心理学サロンです。


他人がどうあるか、何をするのかはその人の課題であって介入することはできないと割り切りましょう。


言動などについては、軽く「~の方がいいと思うよ!」とそれとなく伝えたりしてあげる程度にして本質的には変えることが出来ないと認識するのです。


「依存」というよりは、「理想像」の押し付けかもしれません。


根本的には、あなたが他人と自分を明確に区別できるようになるしかありません。