アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

【彼氏が冷たくなってしまい、どうすればいいのか:メールでのご相談事例】

アドラー心理学サロンです。


メールにてご相談頂いた内容を事例として質問と回答のセットでご紹介致します。


今回は、アドラー心理学で恋愛のご相談にお答えしました。


彼氏との関係性について、色んなトラブルに見舞われてそれでも好きな彼と以前のような関係に戻りたいというお気持ちを持たれているので、どのような考え方をして、何をするべきなのかをご提案させて頂きました。


恋愛相談はとても多く頂くご相談の1つ、皆さまの恋愛、結婚生活のお悩み解決の一助となれましたら幸いです。


個人情報保護の為、一部ぼかしを入れます。皆様のお悩みの解決の一助となれれば幸いです。


Q1. ご相談

ペンネーム:あいり


ブログに精神的に励まされなんとか頑張っています。いつも素敵な記事をありがとうございます。


今日は私(26歳)ごとではありますが、ご相談がありメールさせていただきました。お忙しい中、たくさんの相談がある中、私の相談に目を通していただきありがとうございます。


私には約1年お付き合いをしている方がいるのですが、私の彼は友達付き合いや仕事で忙しいひとですが、そんな中でもはじめの頃は私を優先させてくれていました。しかし、時間が経つにつれ私は後回しになることが増えました。


私はその差に感情がついていかず、悲しいいらいらするとすぐに泣き、またわかってほしいという気持ちが先行しすぎ、いつも自分の尺度や都合を基準に伝えたいことを伝え続けていました。


はじめの頃はお互い知らないことが多かったのもあり、話し合いで解決してこれました。しかし、次第にお互いが言いたいことをぶつけ合うようになってしまいましたが、時間と気持ちの落ち着きや困難な出来事を支え合ってきて、どうにか関係は修復してこれました。


しかし、12月に入り彼の転職や趣味活動が多忙になったこと、8月末に私が彼に対しての感情を抑えきれず友達におくった愚痴LINEが彼の目に入ったことなどもあり、11月末から彼の態度が少しずつつ前までとの違いを感じるようになりました。


『どうでもよくはなってないが、前ほどの熱量はない。』なぜ一緒にいるか問うと『わからない』夜に誘っても、『疲れているから』と言われ11月からしていません。


『やさしいところは好き』とは話してくれました。ただ、『自分は頑張っている人が好き。でも、あなたはそんなに頑張っていないから話すことがあまりない。』ともいわれました。

 

LINEも前より業務的ではありますが、日々の日常についても教えてくれます。私が都合をきくと空いてる日を教えてくれます。

 

しかし、彼の気持ちが冷めてしまっているのがよくわかりつらいです。私のヒステリックな態度などに疲れてしまっているのもよくわかります。反省するのも遅いですが12月から一度も彼の前では泣いていません。

 

自分の中で、頑張る=彼を大切にできる人になるということで、理性的に物事を考えるように努め、そのために本をいくつも読むようにしてきました。


まだまだ改善段階ではありますが、、、

 

冷めた気持ちはもどるのでしょうか?


相手が冷めている時、関係の改善を目指すには、今できることはなんなのでしょうか?

 

この一年で色々な失敗を繰り返し、彼にはたくさんのことを教えてもらいました。

そんな彼を幸せにしたいです。

 

どうかお力添えよろしくお願いいたします。長文読んでいただき本当にありがとうございます。

 

これからも1ファンとしてこちらのブログを応援しています。


A. 回答

あいり様


アドラー心理学サロンです。


ご相談頂きまして、ありがとうございます。


いつも記事やTwitterでの発信をご覧頂いているとのこと、本当にありがとうございます。


今回のご相談内容ですが、彼氏の態度が本当に冷めてしまっているのか?というのが一番疑問に思ったところです。


というのも、恋愛は基本的には初めの内は非常に情熱的であり、男性は女性とは似ているようで異なった独占欲を、女性に対して強く持つことが多いのです。この独占欲について、女性の方が依存的である場合が多く、男性の場合は所有欲に近いと言えます。


一度、この人は自分のものだと思うと、男性は安心して以前のような情熱的な態度よりも自分のことに専念する傾向があります。


こうした、本当に冷めているだけの可能性もありますが、「安心感」が原因であることも、こうした彼氏が最近冷たいように感じる、彼氏との関係が冷めてきたというご相談にも多いものなのです。


よく分からないけれども一緒にいるという心理を考えてみると、所有欲は満たされているものの、若干この子と一緒にいてもいいのかな?という疑問は持っているかもしれませんね。


また、関係を続けていくことに対する疑問はありつつも、彼はあなたと一緒にいることに安心感をまだ持っているということにもなります。


さまざまな問題を乗り越えて来られたとのこと、とても素晴らしいと思います。また、こうして前向きに関係修復をして彼氏を幸せにしたいという思いを持てる思い遣りも、人として大切なことです。


先ずは、あなたがこれからどうしていきたいのか、その彼と一緒に幸せに暮らしたいのか、以前のような情熱的な関係に戻りたいのか、といったご自身の中の希望を整理してみましょう。


その上で、理性的に彼と今後どうしていきたいのか、彼がどうしていきたいのかを話し合って折り合いを付けてみましょう。


冷めてしまっているのかどうかは、恐らくその彼には答えが出ないと思うので、どうすれば良い方向に行けるのか?という議題で話し合うことがポイントです。


人と人って、距離が近くなればなるほど、感覚的なコミュニケーションである忖度などばかりになってしまって真意が伝わっていないことも多いものです。


できるだけ、言葉にして気持ちを整理して話し合えるように、紙などにめちゃくちゃで良いので感情を書き出して感情の整理を付けてから話し合いに臨む方が良いでしょう。


あまりこんな話をするのも良くないかもしれませんが、その彼に執着し過ぎて周りが見えなくなり、延々と尽くし続けてしまうのも困りものです。


下手をすると、あなた自身の人生を大幅に浪費してしまう結果にもなりかねませんので、あなたの中で「ここまでやっても、自分の努力が報われないと思ったら別れる」という基準を持っておくことをお勧めします。


アドラー心理学でいうと、あなたは彼氏の為に生きている訳でも、一人の男性の為だけに生きている訳でもなく、自分自身の為に生きているので、その彼氏から認めてもらうことを人生の目的としてしまっては、他人の人生になってしまいます。


この、承認欲求の否定と、どんなに尽くしても、どんなに頑張っても、振り向くかどうかは彼氏の課題であり、自分の課題ではないと、アドラー心理学の課題の分離も頭の片隅に置いておいて頂けた方が良いと思われます。


お互いに束縛し合う、自分らしく振る舞えないような恋愛や結婚の関係性では、人は本当の愛を実感できないとアドラー心理学では考えております。


あなたが、過度に自己犠牲をしたり、依存して関係を無理矢理にでも継続しようとしても、それでは幸せになれない可能性が高いと思われますのでこちらのアドバイスもさせていただきました。


感情的になり過ぎていたから、理性的に思考できるように本を読んだり、振る舞いを改めたり、こちらに相談されたりと、努力家のあなたであれば今回の結果如何に関わらず、必ず幸福になれると思います。


私からのアドバイスが、お悩みの解決にお役立てられましたら幸いです。