アドラー心理学サロン

アドラー心理学で悩みを解決する糸口を探ります。

【永久保存版】陰口、悪口、嫌がらせへの最強の対処策

アドラー心理学サロンです。


あなたの陰口や悪口を言ったり、あなたに嫌がらせをする人たちはどこにでも、どんな場所でも多かれ少なかれ必ず存在します。


あなたのことをあら探ししては、一方的に嫌い、見下そうとしてくる人たちのことなんて気にかける価値すらありません。


とにかく無視して、相手にしないことです。


感情的になり、「あなたが嫌い」、「あなたを傷付けたい」を目的として、あなたを傷付けることばかり考えているような人たちと分かり合おうとしたり、見返してやろうと何て決して思う必要はありません。


そんな人たちとは、そもそも理性的な会話が成立しませんし、あなたが気分を害して自分の時間を無駄にするだけです。


アドラー心理学では、他者との相互理解を勧めている一面はありますが、アドラー心理学の目的論から考えれば、「あなたを傷付ける」ことを目的とした人間と関わること自体が無駄な時間と労力となります。


自分を嫌い、陰口や悪口を言ったり、嫌がらせをしてくるような人たちの自分を見る目を変えさせて、理解し合って仲良くなりたい人は少数派だと思います。


むしろ、距離を取って関わらないようにするくらいでいいんですよ!


そんな自分を嫌い、自分のあら探しをしては、陰口と悪口ばかり言って、自分を傷付けようとばかりしてくるなら、そんな人たち嫌い返しましょう。


ただ、嫌うことにも労力が入りますので、ひたすら無視をして相手にすることすら止めた方が賢明でしょう。


見返そうとして、努力して自分の価値を知らしめようとしたり、そうした自分を嫌う人たちが思わず尊敬してしまうような人間になろうとするは必要だってありません。


最初からそんな人たち、相手にしたりする価値なんてありませんので、自分を高めてそうした人たちの視界にも入らず、視界にも入らない、同じ空気すら吸う必要の無いところまで自分の価値を高めて別次元の世界に行けるようにしてしまうことをおすすめします。


アドラー心理学には「承認欲求の否定」という考え方があり、強い承認欲求を持つと自分の本来やりたいこともできず、誰かに認めてもらうことを目的として他人の人生を送ることになってしまうという考え方があります。


あなたは、自分を嫌い、陰口や悪口を言ってきては、嫌がらせしてきて、自分を傷付けようとしてくるような人たちに認められるように生きて、自分の人生を浪費したいのですか?


そんな人は恐らくいないと思います。

もちろん、見返してやる!と思って努力して成長できることは素晴らしいことです。


ただ、それでは折角のあなたの人生が、あなたを嫌う人たちによって変えられてしまう可能性があります。


アドラー心理学の課題の分離の考え方で説明しますと、あなたのことをどう思い、嫌うか嫌わないかは他人の課題であり、あなたの課題では無いのです。


他人の課題に介入して、相手を自分のこと嫌わないようにしようとすること自体が本質的には不可能であり、あなたが余計な悩みを抱える結果となってしまうかもしれません。

 
それならば、このアドラー心理学の課題の分離の考え方をもとに、アドラーは他人の課題にも介入すべきではなく、自分の課題に他人を介入すべきではないとしておりますので、あなたのことを嫌い、陰口や悪口、嫌がらせを受けても、そんな人たちに自分の課題への介入は許さない!と考える方が良いと思われます。


基本的に、他人のあら探しをしては、陰口や悪口を言いふらしたり、嫌がらせをするような人たちは劣等感に満ち溢れており、他人を見下して惨めな自分たちの傷を舐め合い、劣等感を穴埋めしようとしているような人たちです。


つまり、永遠に成長することのない人たちであり、あなたにとってその存在を認識すること次第が無駄どころか害にしかならないのです。


何でもかんでも他人のせいにしては、自分は悪くないと吠え、他人に対して「こうあって欲しい」という自分の希望ばかり押し付ける甘えん坊でもあります。


そんな人たちに、あなたは認めてもらう意義や価値があると思いますか?

 

むしろ、こうした人たちは、どんな形であれあなたが反応してしまうと、自分たちには反応されるだけの価値があるんだ!と実感してしまい、問題行動を繰り返させてしまい、ますます惨めな状態に陥って出てこれなくなってしまいます。

 

この人たちの為にも、相手にせず一切反べきではないのです。


ほとんどの人たちは、そんな人たちに認めてもらいたくもなければ、そんな人たちの「こうあって欲しい」という希望を叶えてあげたくもないことでしょう。


自分を嫌い、見下してくる人たちに対しては、「見返してやる」と思ってその人たちがすごいと思う存在になろうとしてあげる必要性すらなく、とにかくそうした人たちから距離を取れるように、関わる必要が無くなる方向で自分のやりたいことに打ち込み、自分をより高みに導いていくことで、そんな人たちと同じ空気を吸う必要も、そんな人たちを視界にも入れなくて済み、やりたいこともできる満たされた自分の人生を、より幸せに生きれるようになります。


結論としましては、自分の陰口や悪口を言っては嫌がらせするような人たちへの対処方法は、ただ、ひたすらに無視をして相手にせず、自分の課題に介入して邪魔してこようものなら、徹底的に邪魔させないように使えるもの、援助してくれる人たちに頼ってでも拒否してしまいましょう。