ポジティブ心理学サロン(アドラー心理学サロン)

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

【夢を諦めるべきなのか:メールでのご相談事例】

アドラー心理学サロンです。


メールにてご相談頂いた内容を事例として質問と回答のセットでご紹介致します。


今回のご相談は、長年の夢である声優を目指しているが、練習したばかりで挫折しそうになってしまい、諦めるべきなのか決められないというお悩みです。


こうした、自分のやりたいことを諦めるべきなのか、そもそも目指すべきなのかでお悩みの方はとても多くいらっしゃいます。


アドラー心理学の観点から、どのように自分のやりたいことを続けるのか、諦めるのかについて考えるべきか、ご提案させて頂きました。


個人情報に関しましては、ぼかしを入れております。


皆様のお悩みの解決の一助となれれば幸いです。


Q1. ご相談

・25歳

・女性

・アルバイト


私は今、声優になりたいため

声優学校に通っています。

狭き門の道なのは重々承知で

10代の頃からなりたかった夢です

ので今通っています


本格的なレッスンは4月からで

今は月1でレッスンしていますが

まだ3回目なのに挫折しています


滑舌がわるく上手く言えません

でした。家で練習しようとしたら

こんなに私は滑舌が悪かったのかと

思いしらされ涙がでました


それから涙がおさまらず練習

しないと治らない、練習すれば

改善できると自分に言い聞かせても

涙がでるばかりです


元気をだすためにいつもはアニメ

を見たりアニソンを聞いていますが

今はそれさえ見るのがつらいです

 

年齢も年齢ですし学費の無駄遣い

にならないためにもこんな思い

するぐらいなら辞めて一般職に

就くべきでしょうか


A. 回答

アドラー心理学サロンです。


ご相談ありがとうございます。


夢である声優になる為に学校に通われ始めたとのこと、素晴らしいですね!


そうして自分の夢に向かって行動できる人自体が少ないので是非、自信を持ってがんばって頂きたいです。


厳しい話になるかもしれませんが、目的論の立場を取るアドラー心理学では、今のあなたの状態は、努力して夢が叶わなかった時の絶望感への恐怖から逃れようとしていると捉えます。


アドラー心理学の観点から、どうしていくべきなのかを話しすると、やはり「今、やれること」に集中していくことを推奨します。


何歳までなどの制限を付けることはたしかにあった方が良いかもしれませんが、先のことは分かりません。


仮に滑舌の悪さが、あなたが目指す程に改善されなくても、声優の世界は特にそうですが運の要素を強いと思いますので、滑舌の悪さがまた一つの味となりデビューのきっかけになったり、その他のあなたの人柄などからチャンスが降ってくる可能性もあると思います。


辛いかもしれませんが、先のことなんて誰にも分かりません。明日の悩みは、また明日どうするか考えれば良いのです。


ひたすらに夢に向かって「今、できること」に真剣に集中して取り組むことで次の展開が期待できます。


仮に声優になれなかったとしても、その関連職や出会った人たちとのご縁から別の大きなチャンスが掴めることも充分にありえます。


しかし、あなたが「今、できること」に真剣に集中して取り組んでいなければそうしたチャンスは永遠に訪れません。


報われない努力は確かに存在しますが、無駄になる努力はありません。


最初から結果ばかり求めず、夢の声優に向かって昨日よりも自分は上達できているのか?という視点で努力していけば気持ち的にも前向きに保ちやすいと思います。


もちろん、割り切って一般職に就くもの一つの選択肢です。


ただ、あなたが後悔しない方を選んで下さい。


後悔の記憶は、次の判断を鈍らせてしまい、自分の判断に自信を持てなくなってしまいます。


そうして自分の決断に自信を失ってしまうと、次の決断を他人に委ねるようになってしまいます。


そうなると、アドラー心理学が警鐘を鳴らす通り、他人の人生を生きることになってしまい、永遠に満たされない思いを抱えて生きることになってしまうかもしれません。