アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

ネガティヴ思考が収まらない:メールでのご相談事例

アドラー心理学サロンです。


メールにてご質問頂いた内容を事例とし、質問と回答をご紹介致します。


今回のご相談は、ネガティヴ思考が収まらないとのお悩みです。


個人情報に関しましては、一部ぼかしをいれます。


あなたのお悩みの解決に、役立つことができましたら望外の喜びです。


Q1. ご相談

20代

相談内容

ネガティブな事ばかり考えてしまう


僕は最近ネガティブな事ばかり頭に浮かびます

人から将来の事を考えろとかお前みたいな考えでは生きていけないこの世を去るしかないって言われたからその事ばかり考えてしまいます

しかも自分より年下の人から言われたりするから悔しいです

 

前働いてた正社員の仕事で職場の人の前で自分の顔面をグーで叩いて辞めました

 

なのにそんな事言われたからムカつきます

そんな世の中だったらプロ格闘家になってボコボコにされて意識を失って硬膜下出血でこの世を去りたいです。

 

あしたのジョーの力石みたいに世を去りたい。

社会の奴隷にされたくないです

 

あとは君はいつものほほーんとしてるから悩みなんてないじゃんて言われたこととか君は気楽そうだなあて言われたこととか自分はテレビゲームの難易度がイージーモードばかり甘ったれだなあとか180センチあるのにスポーツ選手になれなかった甘ったれで負け犬だなあとか自分より小さい相手にビビる弱虫で甘ったれとばかり考えてしまいます

いつもネガティブな事ばかりですいません


A. 回答

アドラー心理学サロンです。


ネガティヴ思考になられてしまうとのことですが、そもそものあなたの捉え方に決め付けや誤解が無いのかを確認してみましょう。


以前、アドラーの課題の分離の考え方をご紹介させて頂きましたが、他人が言うことは結局その人の主観でしかありませんので、他人の意見に根拠があるのかどうかは自分で判断するしかありません。


毎回同じようなご相談ばかりですが、後はあなたの行動次第です。


アドラーの提唱する他人と自分の課題の分離と承認欲求の否定をして、自分の人生を生きるようにしないと、他人に認めてもらおうとしたり、自分の価値観を持つことができなかったりと他人に振り回されるだけになってしまいます。


不満や感情を吐き出すだけでは前に進めません。


こうして相談を書いて送る行動力のあるあなたなら大丈夫です。


あなたが正しいと思う道を突き進み、軌道修正しながら自分の目的を追い求めましょう。


以前もご案内しましたが、目的が何も無いということはありえないのです。問題はやるかやらないかだけであり、やりながら夢の損切りをしたり、軌道修正をしていけば、必ず今よりも良いところへたどり着くことができます。


毎回同じようなご相談ばかりですので、一旦これまでの私からの返信や私のブログをご覧頂き、ご自分の考えを整理してみましょう。

 

adlersalon.com


新しい価値観を再構築することができるかもしれません。