ポジティブ心理学サロン(アドラー心理学サロン)

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

頭に来たら、「ありがとう」

あなたは人との付き合いの中で、ついカッとなり怒ってしまったご経験はありますか?


人間、生きていればつい怒ってしまうような場面には何度も遭遇し、実際に怒ってしまったこともあれば、イライラして数日間モヤモヤしたこともあったと思います。


アドラーは、どんな感情にも何らかの目的があり、怒りという感情には相手を自分の意図した通りに動かしたいという「支配」の目的があるとしています。


それに加えて、アドラーは言葉で解決できるにも関わらず怒って大声を出したり、相手を脅したりするのはついやってしまったことではないとしています。


この「支配」という目的を達成する為に自分で選択した行動であるとアドラーは考えます。


ただ、言葉で解決しようにも、良い方法が見つからないと思う方が大半だと思います。


そんな方に、本記事ではあなたを怒らせるあの人に向けた、一撃必殺キラーワードをご紹介します。


ではキラーワードのご紹介の前に、怒ることのデメリットについて確認しておきましょう。


怒ることのデメリットが認識できていないと、感情が収まりきらない時に怒ってしまう危険性があるからです。


怒ることは百害あって一利なしです。怒れば自分自身も不快な気持ちでいっぱいになりますし、怒って相手にギャフンと言わせてやってもその報復を受けることになります。


周りからのあなたの扱い方も幼稚な人というレッテルを貼られてしまい、人間関係全体がギクシャクとしてしまいがちです。


何より、自分自信を怒らせた相手をどう懲らしめてやろうかなんて考えていては、その嫌な人の為に自分の時間を使い、相手に欠点を教えてあげようとしているようなものです。


頭に来た時には、意外かもしれませんが「ありがとう」と言ってみることが効果的です。


嫌味ったらしいことを言われても、「そう思うんだね、いいこと教えてくれてありがとう」とでも言ってみましょう。


感謝の意を持つ「ありがとう」という言葉を使うと、あなたの気持ちは落ち着き、怒りも静まります。


あなただけではなく、あなたを怒らせた相手も感謝の言葉を投げかけられて唖然とします。プラスな言葉はこういう時には相手に罪悪感を持たせたり、拍子抜けさせる効果があるのです。


あなたから言いたいことがあるのなら、「ありがとう」と言った上で「それはもう分かったからそれ以上言わなくていいよ」と伝えてしまいましょう。


それ以上、あなたに嫌味を言えない状況を作り出してしまえば良いのです。