アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

嫌がらせのスルー術❗️

アドラー心理学サロンです。


メールにてご相談頂いた内容を事例として質問と回答のセットでご掲載致します。


今回のご相談は、職場の先輩に嫌がらせを受けており、どうスルーすれば良いのか教えて欲しいとのお悩みです。


アドラーの考え方をベースに、職場での嫌がらせにどのように立ち向かうべきなのかをご提案させて頂きました。


個人情報に関しましては、一部ぼかします。


あなたの悩みの解決に、本記事が役立ちましたら望外の喜びです。


Q1. ご相談

私は今、職場で嫌がらせを受けています。

その事を上司に相談しました。

 

ですが、嫌がらせをしてくる先輩は、自分の都合が悪い人の前では、そんな場面を見せずに良い人でいます。

 

その為、私がこんな事を言われた、嫌がらせを受けたということを伝えても信じてもらえず、考え過ぎてるお前が悪いと言われました。


私の事は信じてもらえず、その上司とその先輩がいい顔をして話してる所を見ると、なんとも言えない気持ちになります。


でもこの先、生きていくうえで、このような場面は沢山あると思います。

 

その時の為にも、今の私ができる事はスルーするスキルを身につける事だと思います。

ですが、どのようにすれば良いのかわからないです。

何かアドバイスをお願い致します。


A. 回答

職場での嫌がらせがどのようなものなのか次第ではありますが、スルー力を高めたところで限界があると思います。


別の上司に相談して異動などを打診してもらうか、相談してもどうにもならないのなら転職を視野に入れてしまった方が良いと思われます。


嫌がらせやいじめは、あなたを対等以上の存在だと認識しているパターンが多く、先輩にとってあなたは脅威なのだと思います。


本気で見下していたら、嫌ったりする必要がそもそもありません。あなたが余程できない人で迷惑ばかりかけているのなら別ですが、嫌われていること自体には何の問題も無いと思えればスルーできるかもしれません。


アドラーは嫌われることを怖れない勇気がないと、自分らしく生きることができず、他人に良い顔ばかりして他人の求める人生を生きることにつながってしまうとしています。


自分のできることをやって、難しいなら自分の居場所ではなかったんだと割り切ることも必要になることもあります。


自分自身に後ろめたいことがないのであれば、アドラーは嫌われることを怖れることなく、主張すべきは主張し、自分の生き方を貫くべきとの見解を持っています。


少しでも参考になりましたら幸甚です。