アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

嫌われるあなたは、その人達の脅威ですよ❗️

アドラー心理学サロンです。


あなたは、誰かから嫌われたら悲しいですか?


多くの人たちは、他人から嫌われることを怖れてしますが、嫌う嫌わないは相手の課題であり、あなたの課題ではありません。


アドラーの課題の分離の考え方をご紹介しても、どうしても気になってしまう人はいるものです。


しかし、嫌われていることにもメリットはあり、喜べることまであります。


今回は、他人から嫌われることは悪いことばかりではないことを解説させて頂きます。


嫌われているということは、あなたはその人達の脅威です。


本当にあなたを見下しているのなら、嫌ってくるはずありません。


あなたが取るに足りない存在ならば、あなたが何を言おうが、何をしていようが、あなたには関わってすら来ません。


わざわざ嫌ってくるということは、その人たちは、あなたを同等以上だと認識されている証拠です。


ひとのあら探しをして、噂話をしたり悪口や陰口を言いふらすような人たちは、自分に自信が無くて、他人との比較の中でしか自分の価値を確認できない人たちです。


あなたに嫌がらせをする人たちは、自分に自信が無く、自分の未来や成長を信じられない弱虫な人たちでしかありません。


他人の批評に忙しく、自分のことに集中することができていない。


その人たちは、本当はあなたに興味があるのではなくて、自分の価値を自分自身で実感する為、もしくは周りにアピールする為にあなたを見下してダシに使っているだけなのです。


そんな人のあら探しをして、自分には価値があると錯覚しているような人間、気にかける価値はありません。


完全にスルーしてしまいましょう。


あなたがスルーせずに、相手に言われたことやされたことを気にしていたら、相手と同じ土俵に上がる羽目になります。


嫌なことを言ってきたり、してくる人たちに腹を立てて、相手がどのように卑劣な人間なのかを考えた時点で、相手と同じことをしていることになってしまいます。


そんな人たちに巻き込まれないで!


そんなことを始めてしまったら、あなたまで不幸になります。


同じレベルにならず、ひたすらスルーするか、距離を取るようにしましょう。


アドラーの課題の分離で考えると、他人が何を言おうと、何をしてこようと、あなたがどうするのか、どう思うのかはあなた自身の課題です。


自分の課題に他人を介入させてはいけませんし、あなたも他人の課題はなく介入してはいけません。


そんな人たちの課題に介入して、「だからお前はダメなんだ」や「お前だってそうだろ!」なんて考えるのは時間の無駄です。


むしろ、嫌われれば嫌われるだけ、あなたは自分らしく自分の人生を生きることができているとも考えることができます。


嫌われることは、幸せになるステップでもあるのです!


みんな、嫌われながらも自分らしく、自分の人生が生きられるあなたがうらやましいだけなのです。


あなたはあなたの課題に集中して、自分の満足できる人生を送りましょう。