ポジティブ心理学サロン(アドラー心理学サロン)

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

理想が高く、仕事が決まらない

アドラー心理学サロンです。


メールにてご相談頂いた内容を事例として質問と回答のセットでご掲載致します。


個人情報に関しましては、一部にぼかしを入れております。


今回のご相談は、20年以上勤めてきた現職を続けられなくなってしまい、退職したが理想が高いのか仕事を決めることができず、途方に暮れているとのお悩みです。


アドラー心理学の観点から、どうしたら理想を捨てずに、地に足の着いた生活を送ることができるのかをご提案させて頂きました。


あなたの悩みの解決に、本記事が少しでも役立てましたら幸いです。


Q1. ご相談

40代前半の男性で、職業は幼稚園教諭。


いつも、アドラー心理学Twitterで拝見し、ささえられています。


今回、20年働いた 幼稚園を退職せざるを得ない状況になり、メンタルぎりぎりで、離れました。


原因は、わたしは、職場で周りの相談役みたいな存在だったのですが、ある時、職場で妊婦になるかたが、一度に四人。

 

仕事のしわ寄せが周りにむかい、妊婦先生への、影口、暴言がふえました。皆で気持ちよく、仕事ができるように、と妊婦に提案、話したことで、マタハラとされ、孤立してしまいました。


園長はじめ、仲間、理解者もいましたが、退職をしました。


つぎの職場を探していますが

勉強してきた保育にたいする考えや、なかなか、職員の関係性など良いところがみつからず、内定を辞退したり、


いま、ギリギリです。小さい子どもが二人、妻は身体が弱く働けず。


焦っています。

わたしは、本当に子どもの幸せを考えて、あそびを大切にした自由保育の園で、また一から出直して、家庭にお金を入れたいのですが、


20年分の理想が高いのか

なかなか見つかりません、


アドバイスを頂けたら嬉しく思います。


A. 回答

とても大変な状況にいらっしゃるのだと思いますが、これまでのご自身の幼稚園教諭としての人生で培われた理想によって仕事がなかなか決まらないようですね。


仕事にプライドやこだわりを持つことは、とても大切なことですし、自分の理想を追い求めることは幸福な人生を生きる上でも不可欠です。


ただ、理想は理想のままにしていてはいけません。取り急ぎ、養うべき家族がいるのなら理想に反していてもご縁のある幼稚園で働き始めた方が良いと思われます。


あなたの理想と本当に合うのかどうかは、入ってみないと分からないことも多いと思いますので、一先ず行動することが大切なのではないかと思われます。


本当に自分の理想を実現したいのであれば、食べていく為の仕事が無いまま理想を追うのではなく、今の自分にできることを、今の自分にやれる範囲でやっていくしかありません。


手元のことがおぼつかないのであれば、理想はむしろ遠のいてしまいます。


「自分の中で、あとこれだけ探したら取り敢えずここで働こう」という決め事を作って、自分にできる範囲で探しても見つからないのであれば、ご縁のあった場所で働くようにされてはいかがでしょうか?


その後にまた、仕事を通してのご縁や、ご自身の他の活動を通して得られたご縁の中で、どんな形でもいいので、理想を追いかけていくことがあなたには大切なのではないかと思われます。