ポジティブ心理学サロン(アドラー心理学サロン)

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

年下の上司にバカにされていて、遣る瀬ない❗️

アドラー心理学サロンです。


メールにてご相談頂いた内容を事例として質問と回答のセットでご紹介致します。


個人情報に関しましては、一部にぼかしを入れております。


今回のご相談は、年下の上司に馬鹿にされていて、他の社員達も自分のことを馬鹿にしてくるのでどうすればいいのか分からないとのお悩みです。


アドラー心理学の観点から、職場での嫌がらせ問題や、上司との付き合い方について解説させて頂きました。


あなたの悩みの解決にも、本記事が少しでも役立つことができましたら幸いです。


Q1. ご相談

年齢:50代

性別:男性

職業:会社員

 

今後どうありたいか:ストレスをできるだけ避け気軽に生活したいです。

 

ご相談内容:

サラリーマンで営業の仕事をしています。

中途入社です。

 

営業成績はコンスタントにいいです。

しかし、昨年、上司が退職しました。

ひとまわり年下の人が上司になりました。

理由は、年配の人の営業成績が悪いからです。


上司になったひとまわり年下の人は部署内で私とトップ争いをしていました。


部署内は、気が強い人が多いです。

そのひとまわり年下の人の対応が、〇〇して下さいと指示してきます。


反論するとキレてくる感じです。結構、気が強いです。


ひとまわり年下にああだこうだ言われること自体ストレスになります。


なぜストレスになるかと言いますと、相対論なんです。


他の年上の人はもっと気が強いため、あまり強く言わないんです。

勿論、年下には〇〇しろ!と強めに言います。

 

年上で強く言われてるのは私だけという感じです。

        

そして、私だけ目標額を上げられたという感じです。


やればやるだけ前年度対比で目標額が上げられます。


目標額が高いと達成できない月ができます。

 

そうすると達成賞の報奨金がもらえません。

達成率が低いと達成率でランキングがでるため、私が仕事できないような感じにもなります。


どう考えればストレスにならないでしょうか?


私は、そこまで気が強くないので言い返せないです。


言い返すと険悪になり余計ストレスが溜まり仕事もやりにくくなりそうです。

        

会議で発言すると、鼻で笑う人に腹が立ちます。


いろいろストレスになることを探してしまいます。年下の上司に対してどうすればいいでしょうか?


年上で私だけ言われるのは、言いやすいからでしょうが、言いにくいキャラにはなかなかできません。


問題だと思う点は、考え方のクセ、物事の考え方です。


A. 回答

職場の問題は、やはり仕事であるからこそ嫌いだからこの人とは関わりたくないという考えを持っていても、仕事をする上で関わりは最低限必要となりますので難しいですよね…


たしかに、世の中には様々な性格を持つ人達がおり、なぜか不利益ばかり被ってしまう性格の人がいるのも事実です。


性格だけではなく、あなたのように年齢や会社の中での役職などを含めた明文化されたものや、暗黙の了解的な立ち位置によってもかなり他人からの扱いは左右されます。


ご自身のキャラを変える変えない以前に、お話わや伺う限り不当な扱いを受けられているようですので、上司や先輩に相談してみたりはされましたか?


心の持ちようで解決するというよりは、仕事の問題はむしろ上司が解決する義務がありますので、対応してもらえるように取り計らうべきです。


場合によっては、上司が動けないことや相談しにくいこともあると思いますので、労働基準監督署などに相談されることをおすすめします。


今回、あなたへの当たりが酷い年下の上司についてですが、解決策としましては大きく分けるとその年下の上司に考えを改めてもらうように、本人と話したり上司等に相談するか、あなたが自分を変えるしかありません。


自分を変えるにしても、どうにも辛くて理不尽だと思われるのなら、転職を考えた方が良いかもしれません。


あなたがどれだけ自分を変えようとして、本当に変われたとしても、他人が自分をどう思うのかは最終的には他人が決める課題であり、他人の考えという自分ではどうにもならないことに労力を使うことはあまりおすすめしません。


自分を変えて、自分への認識を変えてもらうよりも、前向きな気持ちで今後より仕事を通しての成長したいという考えを持って別の上司等に相談されることが一番解決に近いのではないかと思われます。


どうにもならなければ、転職を検討して調べてみたり、応募してみたりと行動を起こせれば気持ちも楽になると思います。


ご年齢のことで、ご不安なことも多いかもしれませんが、人材不足で困っている会社も多いので探してみる価値はあると思います。


給料が下がっても、仕事がハードになっても、自分が納得できる仕事をする方が高級な仕事をするよりも人生の幸福度は上がります。


実は、人間の心理的には給料が低い労働の方がお金目的で働いているよりも、幸福度が高いと心理学では実証されているのです。

 

【転職をしたい全ての方へ】

最近では、ウォンテッドリー等のSNSで企業の採用担当者と直接繋がれるサービスも充実しております。

 

自分の転職市場での立ち位置を確認したりするのにも役立ちますし、実際に好条件で採用に繋がったという事例は非常に多く聞かれますので、こうしたサービスに登録しておくだけでも役立ちます。

 

若手向けであることも多いのですが、年代は関係無いようですのでこうした現代のサービスで転職を考えることも一つです。