アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

人と違うのは「変人」ではなく「個性」(社会への訴え)

アドラー心理学サロンです。

 

世の中への訴えを送って頂きました!こうして皆さんの社会へのご意見や思いを代行して訴えかけていきます。

 

少しでも皆さんにとって、住みやすい世界になることを願います。

 

今回は、語学の学習についてと、人と違うことに関してのご意見となります。

 

adlersalon@gmail.com

あなたの世の中、社会へ訴えたい思いを、私に文章でメールして下さい!

私の影響力、拡散力と、皆さんの意見で世の中を変えましょう!

800文字〜2000文字だとありがたいです!

 

おはようございます。朝早くに大変失礼します。

 

またまたご意見をお送りしました。

前から思っていたことを書かせていただきます。

 

自分は語学と一人旅が大好きです。
旅行は国内外、行きたいところならどこでも行きます。

 

1人旅したこと、海外に1人で行ったことを話せば家族や周りの人達から大げさに騒いだり、すごいねーと言われます。


語学もそうです。「語学が得意でうらやましい」「すごいねー」と言われ、以前、親からは「今度海外旅行するときは○◯に通訳してもらおう」みたいなことを言われました。

 

自分はただ語学と旅行が大好きなだけで
自慢もしていません。自分が語学と一人旅ができるからって得意にはなっていません。自分がエライとは思っていません。

 

ただただ好きでやっているだけなのです。語学ができるからって、1人旅ができるからって大げさに騒がないで欲しい。「すごいねー」と言わないで欲しい。小学生・中学生・高校生が1人旅したり、語学を流暢に話せるのはすごいと思います。

 

でも、自分はもう大の大人です。大人が1人旅したからって語学が話せるからって大げさに騒いだり、「すごいねー」と言われると本当に鬱陶しいです。褒められもうれしくありません。


そんなことをされるとバカにされてるような感じになります。「そんなにすごいと思うなら、そんなにうらやましいなら自分もやってみろ!」と世の人達に言いたいです。

 

海外に行く時、語学ができる家族や友人を通訳の役として連れて行くのはやめて欲しい。

 

もう一つご意見があります。
自分は勉強もスポーツもできません。
計算もまったくできません。
漢字の読み書きはできます。
その上、生まれつき地毛で茶髪です。
でも、そんな自分は嫌いではありません。


他の人と違って勉強やスポーツができないから、テストでいい点数を取れない、成績が悪いからいじめたり差別したり叱るのは許せません。


勉強や計算、スポーツができなくても
人生にまったく困りません。計算ができなくても計算機がある。漢字がわからなければスマートフォンや電子辞書で調べればいい。

 

将来スポーツ選手になるわけではない大きな試合に出るわけではないからスポーツなんて さできなくてもいい。大学に入らない限り勉強なんてできなくてもいい。勉強ができなくても趣味で生きていければそれでいいんです。


学校は「髪の色は黒」という校則があり、地毛で茶髪なのに「髪を黒く染めろ」と言う学校があります。以前、とある学校で地毛で茶髪の子や留学生に「髪を黒く染めろ」と言われ、その子が精神的に病んで不登校になったニュースを見てすごく腹が立ちました。


幸い自分が学生の頃は髪の色のことで言われなくて幸いでした。今でも「髪の色は黒」というのは時代遅れ固すぎます。


先日ねニュースを見た時、髪の色だけではなく「日焼け止めクリームを持参するのは禁止」という校則があることを知ったときは「はぁー⁉︎何それ⁉︎おかしいよ!」とムカつきました。

 

もし、生徒が日焼けで皮膚の病気になったらどうするんですか⁉︎学校側が責任取ってくれるんですか⁉︎化粧やマニキュアするのは禁止はわかります。日焼け止めクリームを持参するのは悪いことではありません。