ポジティブ心理学サロン(アドラー心理学サロン)

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

風俗を辞められない女子大生の信じられない事情

風俗で働く女子大生からのご相談に回答しました。うつ病で苦しんでいるけれども人生を立て直していきたい人にも役立つ回答を心がけました。ネガティブ思考が止まらない人はぜひご熟読ください。

 

【ご相談内容】

22歳、女、大学4年です。
今現在うつ病で、死をつい考えてしまい辛いです。原因としては、高校からの醜形恐怖による整形依存、整形の資金調達のため風俗で働かなくてはならなく、それがストレスになり落ち込んでしまう、という悪循環です。


また、アル中、過食嘔吐にも悩んでおり通院中です。
精神科では、整形、風俗を踏みとどまり休養すべきと言われ、その通りだと思ったのですが、家でじっとしていると、何もしていない自分に嫌気が差したり、不安感から飲酒をしたりしてしまいます。


また、うつ病によりバイトもばっくれることも多く、良い企業に内定を頂いたのにこんな私が続けられるのか今から不安です。
現在の私にできることは何でしょうか。

 

【ご回答】

あなたはとっても真面目で自分に対して「もっとこうあるべきだ」と思っては自分で自分を追い込んでしまう傾向があるようですね。

 

ありのままのあなたでも十分に素敵ですよ。外見のコンプレックスがあったり、何かしら自分に強い劣等感を抱かれているようですが「ありのままの自分」を受け入れる勇気を持ってみましょう。
 
人間は誰しもが生まれながらに魅力を持っているものです。
 
例えばですが、あなたが生まれてきただけで無力で人様の迷惑ばかりかける赤ちゃんであっても、そんなあなたの存在が愛おしかったり、癒しにしている人達がいたのです。
 
あなたがいるだけで幸せを感じる人は世の中には必ずいますし、いないとすればあなたが勝手に自分には愛される要素も資格も無いと思い込んでいるだけです。
 
外見を変えたり周囲からの良く思われたり、彼氏がいたりお金があったりしても自分の外側にあるお金や他人で自分を満たそうとするよりも、自分の内側に注目してみましょう。自分が本心からやりたいと思えることや、やり遂げたいと思うことに打ち込んでみるのです。
 
何かに没頭して真剣に取り組むことでちょっとずつ成果が出てきたり、自分が成長することにこそ人は幸せを感じる生き物であって、自分の外側にある物欲や承認欲求を満たしても幸せは束の間で終わって更なる欲求不満に苦しむことになるだけです。
 
やりたいことが無いと悩まれるかもしれませんが、やりたいことが無いというのは人生の嘘であってあなたの本心ではありません。あなたが「できるはずがない」と思い込んでいるだけだからです。
 
誰にでもやりたいことはあって、子供の頃にはお姫様になりたいだとか言って夢や希望に満ち溢れていたことでしょう。
 
大人になるにつれてその夢はどんどん無くなっていきます。
 
これは現実的になっているからではなくて周囲から無理だと言われたりと環境的な原因と、自分自身の失敗体験や決め付けによる原因のせいです。
 
途方も無い夢を叶える人はいくらでもいますのでどんなことでも決して夢物語ではありません。そこまで大きな夢でなくてもやりたいと思ったり、なりたいと思うことはいくらでもあるはずです。
 
その中から現実的に今やれることをやって挑戦してみればいいのです。最終的な成功したり幸せになっている結果を追いかけるというよりは、一歩一歩、夢に近づいて行っている過程や、昨日よりも成長できていることを楽しむのです。
 
すると大きな結果になって返ってきます。夢は見ている内が一番幸せなもので、実際に叶ってみるとあくまでも自分が作り出した理想郷だったりします。
 
結果よりも過程が大切です。何かに打ち込んで日々の成長や進歩を楽しめるようになってみましょう。