アドラー心理学サロン

アドラー心理学で悩みを解決する糸口を探ります。

陰口を言われたら、あなたの勝ちです。

アドラー心理学サロンです。

 

本記事では、多くの方が悩まれる陰口や悪口への考え方、対処方法について書いていきます。


他人からの陰口を気にされる方はとても多く、それによって自分の行動が制限されてしまい、やりたいことができない事態に陥っている方を非常に多く見受けます。


他人からの評価を気にして、自分のやりたいことができないというのはとてももったいないことですし、自分の人生ではない他人の顔色を伺いながら他人が良しとする人生を送ることにもなってしまいます。


そこで、こう考えるのは如何でしょうか?


陰口を言われたら、私の勝ちなんだ!


陰口を言われる原因は多岐にわたりますが、あなたが前に進んでいる時に受ける陰口は、単なる妬みや僻みであることがほとんどです。

 

嫉妬は、自分と対等か、格上の相手にのみ覚える感情であり、嫉妬されているということはあなたは見下されていることにはなりません。


この時にあなたを襲う陰口や悪口は、あなたがそれほど周りの人にとって一目を置く価値ある人間であることを表しています。

 

つまり、あなたには陰口や悪口を言う人達よりも優れている証拠なのです。


人の在り方などを詮索して、陰口を言う人達は、常に劣等感を感じており、劣等コンプレックスに陥ってます。


そんな他人の劣等感に振り回される必要は一切ありません。


陰口や悪口で悩んだり不快に思っても、あなたには何の意味もないのです。

 

そうしたネガティヴな言葉をかけてくる人達とは、出来るだけ距離を取りましょう。

 

直接、悪口を言わないでくださいと話してしまうのも良いでしょう。

 

あなたのことを悪く言ったり、あなたの人生を妨害するような人達とはそもそも関係を持つことに意義はないのです。

 

それに、悪い言葉ばかり聴いていると、無意識の内にあなたの潜在意識に悪影響が及び、あなたという全体のパフォーマンスに悪影響です。

 

あなたのことをどう思うのかは他人の課題であり、あなたの課題ではありません。


あなた自身に、後ろめたいことが無いならば自分の目的を追求しましょう。


短い人生において、どんなことでもやろうと思うことをすぐにやらないことは、人生の先送りになってしまいます。


あなたの大切な人生の残り時間を、劣等コンプレックスに苛まれた人たちによる陰口や悪口に妨害させてはいけません。

 

何を言っても、何をしても必ずアンチは存在します。


他人はあなたの全てを知ることはできませんし、そもそも人間は、自分の知ってる範囲しか知りません。

 

いくら論理的な説明をしても、論理的な説明には「誰にでも理解できる客観性」が含まれている必要がある為、論理的な説明も相手にその知識や知見が足りない場合には限界があります。


挙げ句の果てに、他人が少しでも感情的になっていれば、「あなたが嫌い」や「あなたを負かしたい」が目的になってしまうこともあり、他人の話には何の信憑性も無くなります。


そんな移ろいやすく、根拠薄弱な他人の話は無視しましょう。

 

1人でも多くの方が、陰口や悪口に打ち勝てるきっかけに本記事がなれましたら望外の喜びです。