ポジティブ心理学サロン(アドラー心理学サロン)

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

【都合良くアドラー心理学を持ち出すな‼︎:メールでのご相談事例】

アドラー心理学サロンです。


メールにてご相談頂いた内容を事例として質問と回答のセットでご紹介致します。


今回のご相談は、アドラー心理学の考え方を彼氏が使って自分の責任を回避しては、平謝りする羽目になっているが、彼が正しいのか私が正しいのか分からないとのご相談です。


アドラー心理学サロンからの発信内容を都合良く解釈して逃げているように思われ、発信内容や方法に問題があると感じ申し訳なく思っております。


ただ、しっかりと理解もしないまま、浅く断片的な理解で他人を振り回すところもその方にはあり、非常に残念な思いでいます。

 

アドラー心理学を受け入れやすいように、誰でも気持ちを楽にして前向きに生きられるように、という私の思いは届けられなかったようで、こちらとしてもとても良い勉強になりました。


個人情報に関しましては、ぼかしを入れております。


皆様のお悩みの解決の一助となれれば幸いです。


Q1. ご相談

アドラー心理学を信じている恋人がいるのです。

私は彼を愛しているから、彼を苦しめるつもりはないのに、

喧嘩したり、自分の本心を突かれると、逃げるのです彼は。

 

いとも簡単に。

「自分のために逃げる。自分を大切に。」

「自分は自分、自分を乱すなら距離を置く」と、アドラーの信者の様になり、話が進みません。

 

恋愛において、男脳と女脳の違いはあり、分かち合えないとは私は思っていますが、彼が闇を抱えていても、私が酷いことを言われても、私が大人しく聞いてあげて、彼の怒りを逆なでしないようにして私が悪かった。と元の鞘に収まってばかりです。

 

この考え方は、彼は本当に正しいのでしょうか?

都合のいいように私が操作されているように感じます。


A. 回答

アドラー心理学サロンです。


ご相談頂きまして、ありがとうございます。


その彼は、自分の都合の良いようにアドラー心理学を解釈してしまっているようですね。


アドラー心理学サロンのメンバーの方でしょうか?アドラー心理学の考え方を噛み砕いた発信をすることもあり、その解釈を極端な捉え方をしてしまわれる方が多く、問題として受け止めております。


たしかに、彼の言っていることは認識が間違っている訳ではありませんが、究極の選択手段であり、もし彼が自分が壊れるくらい追い詰められている訳でもなく、ひたすらに自分の課題から逃れようとしているだけならば単なる逃げであり、自分の課題の放棄となりますのでアドラー心理学の考え方には反しております。


アドラー心理学にある課題の分離の考え方は、他人が何をするのか、どう考えるのかは自分の課題ではなくて他人の課題なので、介入してならず、自分の課題にも他人を介入させるべきではないとする考え方です。


アドラー心理学では、人と分かり合うことの大切さ、他者貢献をして他人を喜ばせたり、幸せにすることが自分の幸せにつながると考えており、深い関わりのある人間にまで頻繁にそのようにひたすら逃げ続けようとする態度を取っている時点で矛盾しているのです。


その彼のとっている行動は、限界でないのなら、喧嘩になってしまい、話し合いをして折り合いを付ける必要があるにも関わらず、他人の課題に介入しておいて、自分の課題には介入させないという非常に無責任かつ自分勝手な行動に他なりません。


彼は、あなたを都合の良いように扱おうとしている状態に、意図しているのかは定かではありませんがなっていることは確かかと思われます。


人間には、上手くいかないことがあると、正当な道での努力を諦めて不健全な努力をして、満たされない自分の思いを穴埋めしようとする「安直な優越性の追求」という傾向があるとアドラー心理学では考えます。


まさに彼のやっていることは、「逃げて、人のせいにしては逃げて」を繰り返して自分の気持ちを満たそうとしているのだと思います。


私の「限界なら、先ずは逃げてください」、「分かり合おうとしても、どうにもならずあなたを責めてくる人とは距離を取ろう」という発信内容の真意は、限界が来て自分が壊れてしまうくらいなら先ずは逃げましょう。心身を壊しては回復に時間がかかったり、下手をすれば回復できないかもしれません、また、理解し合おうとしても、「あなたが嫌い」、「あなたを責め立てたい」という目的を持つ人と接しても辛いだけなので距離を取りましょうという意図です。


逃げても、苦手な人と距離を取ることになっても、それは前向きに生きる為の手段として行うからこそ意義があるのであり、逃げて自分をただ正当化する為の武器にしてはいけません。


その彼との関係性が分かりかねますが、もしアドラー心理学の他者貢献などの考え方を理解していた上でそのような振る舞いをあなたにしているのなら、あなたの方から少し距離を取った方が良いかもしれません。