アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

【注意喚起】逃げよう❗️いじめには大した理由なんて無い❗️

アドラー心理学サロンです。


あなたはこれまで「いじめ」を経験されたことはありますか?


大なり小なり、日本の「ijime」が世界的に有名な言葉になりつつある昨今では、少なからず「いじめ」を経験された方が多数派だと思われます。


この記事を読まれている方の中には、今まさにいじめや嫌がらせをされている人もいらっしゃるかもしれません。


本記事では、いじめや嫌がらせをしてくる人に対して、どう考えて対処していくべきなのかについてアドラーの観点から解説させて頂きます。


まず、最初に結論から申し上げますと、いじめや嫌がらせには、大した理由なんてありません。


「自分が悪いのかな?…」なんて考えたり、自分を責め立てる必要なんて無いのです。


そもそも、本気であなたのことが嫌いなら、関わってきません。


つまり、あなたのことが好きなのか嫌いなのかが原因であるいじめは、そんなに多く無いのです。


アドラーの観点から説明すると、そうやって他人を傷付けるようなことを言ったり、やったりする人間は自分に自信が無く、自分を惨めだと思っています。


自分のコンプレックスや虚しさ、寂しさなどを、いじめや嫌がらせで発散しているということになります。


どういうことかと言いますと、アドラーは人間と劣等感は切っても切り離せない存在であり、人は劣等感と共に生きるしかないとしています。


劣等感と聞くとネガティブなイメージが先行してしまいますが、劣等感があるからこそ人類は文明を発展させて来たとアドラーは考えます。


人間は、生来的に「今よりも良くありたい」性質を持っています。この向上心とも言える性質をアドラーは「優越性の追求」と呼びました。


健全な努力である勉強や仕事などを通して、自分自信を高めていくことで劣等感を克服していければ、人は今までできなかったことや、持っていなかったものを獲得することができます。


もちろん、どんなに成長しても劣等感が無くなることはありませんが、こうして前向きで健全な努力を身に付けることができる勇気ある人間は足を踏み外すことなく自分を高めながら充実した人生を生きることができます。


ところが、健全に努力する勇気の無い人間が、世の中には一定数は存在するのです。


そう、この勇気の無い人たちこそ、あなたが見たいじめや嫌がらせをする人間です。


自分の満たされない思いや劣等感を穴埋めする為に他人を見下したり、攻撃して自分達に偽りの優越感を味わえさせようとしているのです。

 

こうした劣等感を安易に穴埋めしようとする性質をアドラーは「安直な優越性の追求」と呼びました。


このアドラーの言う「安直な優越性の追求」が長引くと、そのまま「いじめ」が自分たちの存在の証明といったアイデンティティとなるのです。


あなたがこの類の人間ならば、今すぐにでも健全に努力する勇気を持ってこの泥沼から抜け出してください。


ストレスのはけ口として、いじめなんかしていても何も解決しませんよ?


人に八つ当たりして、納得のいかない自分の価値を高めようとしているだけで、そんなことしても一時的には気持ちが楽になるだけで、余計に悪化するだけです。


後々、罪悪感、虚無感に苛まれてつらい思いをして苦しむのはあなたです。


「いじめられる方にも問題があるんだ!」なんて批判が聞こえてきそうですので、先に答えると、その人が嫌いなのにその人から離れようとする努力ができないあなたはもっと惨めですよ?


「あいつが嫌い」、「うざい」とか何とか言って、「自分が気分を悪くしているのはお前のせいだ!」とでも言いたいのでしょうけど、他人に対して「こうあって欲しい」と願い、それが叶わなかったらすねたり、グレていじめる。


とんだ甘えん坊ですね?あなたは。


アドラーは他人と自分の課題の区別をするように推奨しております。


他人のあり方を決めるのは、その人の課題であってあなたの課題ではありません。


あなただって、自分のあり方を否定されたら嫌でしょう?


お互いの課題には介入するものでは無いんですよ!


あなたが「いじめ」を受ける立場なのであれば、今すぐにでも逃げて下さい。


そんな人間や、そんな人間がいる場所からは、どんな方法を使ってでも離れることが正解なのです。


人の欠点、嫌なところが目に付く人は、劣等感にまみれています。


他人の悪いところを見つけては、自分を優位に立てようとしている。人の良いところも悪いところも、捉え方で大きく変わります。


そうやって他人にケチばかりつけているような人は、ひたすらに落ちぶれていくだです。


いじめをすることは、劣等感の証明。


いじめに苦しんでる方にどうしても伝えたいことがあります。


それは何をされようと、何を言われようと、あなたに価値が無いなんてことはなりません。


「いじめられる方にも問題がある」、これはたしかに否定することはできません。


しかし、いじめる側といじめられる側は、どちらが悪いかと言えばいじめる側が圧倒的に悪いのです。


いじめをするような心の貧しい人たちと関わっていれば、あなたまで落ちぶれてしまいます。


人はどんな人たちと関わるのか次第で、大きく影響を受けます。付き合っていて気分の悪い人たちと無理して関わる必要なんてありません。


世の中には色んな人たちがいて、色んな会社があります。行き場所なんてどこにでもあります。


どうにもならず、辛ければ会社にも学校にも行かなくていいんですよ!あなたが壊れてしまうくらいなら、無理して行くことなんてない。


本当に逃げ出せない場所なんて、限られています。学校も会社も、先立つものが無かったり、将来への不安があってもとにかく飛び出してしまいましょう。


あなたの心や身体が壊れてしまっては、治るかどうかも分かりませんし、元も子もないですよ。