アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

【グリッド力】一度決めたなら、やり通せ❗️

アドラー心理学サロンです。


メールにてご相談頂いた内容を事例として質問と回答のセットでご紹介致します。


個人情報に関しましては、一部にぼかしを入れております。


今回のご相談は、意を決して留学を始めたが、早く帰りたくなってしまい航空券代が余計にかかってしまうがどうすればいいのかとのお悩みです。


アドラー心理学の考え方をベースに、物事に取り掛かる際の心構えや、生きる指針についてアドバイスさせて頂きました。


あなたの悩みの解決にも、本記事が少しでも役立つことができましたら幸いです。


Q1. ご相談

初めまして。

現在、本来は大学一年生になる歳ですが、留学したために留年しています。

 

僕自身の名前などが必要でしたら答えたりすることは出来ますが、ここでは必要ないかと思いとりあえず言っていないだけです。

 

さて、本題に入りますが、私は去年の8月から今年の6月まで留学をする予定で、現在カナダで留学生活を送っています。私は親に「留学を1年したい」と言った時、親には止められ何度も話し合いをしました。

 

その結果、「留学に行くのはあなたの夢のためならいいよ」と言われました。

 

そして、いざ、カナダにきて留学をしていて英語を毎日のように話、結果日常の英語は見に着いたのですが、思うようになったことは「自分はあまり話すこと好きではないし、英語の職につくこと自体、自分の望むことではなかったのでは」という考えにいたり親に「今持っている空港券より、早い便に乗って帰国したい」と言いました。

 

お金の件に関してはアドラー心理学的にどう考えれば良いのでしょうか?


A1. 回答

お金の問題ではなく、あなたの考え方の問題だと思いますよ。


お金なんて、稼ごうと思えば時間はかかりますが稼げます。


アドラー心理学的には、あなたが留学生活が上手くいかなくて、本当は留学を通して達成したい目標があるにも関わらず、努力を避けて自分が傷付かないようかな逃げるのでなければそれでいいと思います。


本当に早く帰るべきだと本心から思っているのなら、正解であるという回答になります。


それよりも、あなたの中で「どう生きたいのか?」をもう少し固めないと同じように何かを始めては途中でやめるといったことを繰り返すことになってしまいます。


何事も同じことですが、どうしても他にやりたいことが見つかって、居ても立っても居られない状態になっていたりしない限りは、ある程度まで徹底してやり通しておかないと何も得られませんし、前には進めません。


留学生活の中で、英語を極めると決めたのならとにかく一心不乱に自分のやれる最大限の努力をして、TOEICでもTOEFLでも、あるいはビジネスレベルの英語力を身に付けるでも良いと思います。


あまりよそ見ばかりしていては、何も得られないまま、何も成し得ないままになって他のことを始める際にもまた振り出しになってしまいます。


何かで一定の結果を残せれば、経験から得た知識や見聞、実績に裏打ちされた努力する能力やスキルによって今後の人生がかなりイージーモードになります。


要するに、上手くいく成功ループを回しやすくなれるのです。


何でも中途半端にしかやっていないと、いつまでも積み上げたものがないままゼロからスタートになってしまいますので、決めたのならある程度は余程のことがない限り集中して努力することをお勧めはしています。