アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

不登校は不幸じゃない❗️空気読むな❗️学校も会社も行くな❗️

アドラー心理学サロンです。

 

今回は日本社会の「集団行動」について、独特の「空気を読む」ことついて物申したいという訴えを頂きました。

 

共感する人も少なくないのではないでしょうか?

 

他人がどうであれ、自分らしく生きられる社会になって欲しいものですね!

 

adlersalon@gmail.com

あなたの世の中、社会へ訴えたい思いを、私に文章でメールして下さい!

私の影響力、拡散力と、皆さんの意見で世の中を変えましょう!

800文字〜2000文字だとありがたいです!

 

まずは「学校」について。学校に行く行かないかは子供に決めさせた方がいい。

 

つまり子供の課題であり、親の課題ではない。

自分は学校に行くのが嫌だった。

 

某動画サイトでとある不登校ユーチューバーの少年が「不登校は不幸じゃない」という言葉にとても共感しました。学校じゃなくてもフリースクールがある。

 

小学校の時はクラスメートにいろいろ言われて、いろいろ言われるのが怖くて生きづらかった。

 

注意:いじめられた訳ではありません。

家にいた方がのびのびと自分らしく過ごせた。

 

中学校は全員部活に入部しなければならない義務があり中学校に行くのが嫌で仕方なかった。

 

中学3年間、自分は同級生からいじめられて1つ下の後輩が不登校をしていまして、その子がうらやましかったです。

 

「人間関係」について。よく「みんなと仲良くしなくてはならない」「みんなと上手くやらなければならない」という考えが嫌いです。嫌いな人・気が合わない人とは仲良暮らしたくありません。上手くやっていきたくないです。団体行動を強要されるのは嫌いです。

 

「友達いない人は恥ずかしい寂しい」「ぼっちは寂しい」とよく聞きますが、友達がいないとダメなんですか?ぼっちは寂しいことですか?恥ずかしいことですか?誰かと群れないといけないのですか?

 

ぼっちは自由にやりたいことができる、人間関係のトラブルに巻き込まれない、人間関係について悩まなくてもいいなどメリットがたくさんあります。

 

「本音を言ってはいけない」「本音を言えば嫌われるいじめられる」「嫌なことを断ればいじめられる嫌われるからダメ」本音を言ったり嫌なことを断るのが何が悪いのでしょうか。

 

「嘘をつく事は悪いこと」と言われますが、時と場合によっては嘘も必要です。

 

ことわざにも「嘘も方便」ってあります。悪意のない嘘なら構わないじゃないですか。子供も、どんなに偉い人でも、嘘はつきます。まったく嘘をつかない人はあまりいません。

 

「空気を読め」というのも嫌いです。

「空気を読め」と言われても正直無理。

 

「恋愛と結婚」について。他者から「早く恋人作った方がいいよ」と言ったり、親戚の人がお見合い写真を持ってきて、おせっかいなことをされるのも嫌です。

 

「大きなお世話」と言いたくなります。

結婚したからといってかならずしも幸せになれるとは限らない。結婚は独身時代よりも大変そうです。夫婦問題、嫁・姑(舅)関係、親戚の付き合いなど悩みやトラブルがつきもの。

 

職場の飲み会なども自由参加ですと言いながら全員参加を強制するのは腹が立ちます。学校や職場に縛られずに自由に自分らしく生きて欲しい。日本は働かさせ過ぎです。ニュースで過労によって命を落としたり、自らこの世を去るのを見るとかわいそうすぎます。


だったらそんな会社辞めてフリーターとしてアルバイトを転々しながら生きていけばいい。どんなに頑張って働いても給料は上がらない。欧米では残業なし。飲み会なし。定時に仕事は終わらせる。


家族と過ごすことを優先。クリスマスは学校も会社もお店もレストランもみんな休み。日本も欧米に見習ってほしい。家族や友人、恋人と過ごすことを優先してほしい。話が外れてしまってすみません。