アドラー心理学サロン

アドラー心理学で悩みを解決する糸口を探ります。

失恋の悲しみへの特効薬

付き合っていた彼氏や彼女にフラれてしまった方、離婚することになった方、この世の全てが壊れてしまったように捉えられているのではないでしょうか?

大変お辛い心境だと思います。

感情の落ち着かせ方は拙著の下記記事をご覧ください。

https://www.adlersalon.com/entry/2018/08/07/011750

そんな時に具体的にどう対処するのが良いか、前向きな方法をご紹介します。

まず、恋愛についての考え方を整理しておきましょう。

恋愛において、大切なのは愛されることではなく愛することです。

自分は一人でも生きられる。それでも二人でいた方が、同じ経験を共有する喜びを持つことができる。

この考え方がとても大切です。

お互いがそう思うことができれば、二人は依存関係ではない、理想的な愛の関係を築くことができます。

愛と依存は区別しましょう。

恋人が喜ぶことだけを考えることは、相手の望み通りの人生を送ることとなり、自分の人生を生きることができなくなり、自由がありません。

自由がない状態では、愛ではなく依存になってしまいます。

本来、愛を通して感じる幸福と関係とは、この人の前ではとても自由に振る舞まうことができると実感する中でお互いに愛し合える関係です。

考え方を整理した上で、好きな人と離れなくてはならない時に辛い気持ちを抑えて前向きになる考え方をご紹介します。

こういった時には、「その人は居なくなってしまった」、「遠くに行ってしまった」と考えて自分磨きを始めましょう。

再開することがあるかもしれないし、無いかもしれない。

もっと良い人と出会うかもしれないし、出会わないかもしれない。

しかし必ず何らかの縁はあるものです。

縁がある時に備えて自分を磨きましょう。

失恋をした後は、この世の全てが壊れてしまったように思え、この人に代わる人は居るはずがないという錯覚に陥ると思います。

理論上は、代わる人がいないとは限りません。もしくは、それ以上の人も、それ以下の人もいるかもしれませんし、また同じその人と縁がある可能性だってないともあるとも言えないのです。

世の中の異性の数を考えれば、必ず何らかの縁がこの先もあるはずなのです。

見えない未来を心配するよりも、「今」を大切に自分磨きに励みましょう。