アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

レッテルを貼るな!(世の中への訴え)

アドラー心理学サロンです。

 

TwitterFacebookInstagramで募集させて頂きました世の中、社会への訴えたい思いをアドラー心理学サロンブログに掲載する企画の件、早速ご連絡を頂きました。

 

文字数はできれば800文字から1000文字以上2000文字未満程度がありがたいのですが(笑)

 

非常に共感性が高く、世の中の不合理を的確に捉えた素晴らしい訴え文をお送り頂けて感謝しております!

 

アドラー心理学サロンをご愛顧頂いております皆様にも、どしどしお送り頂ければ幸いです!

 

私の影響力と、皆さんの思いで、世の中の不合理や不条理を変えていきましょう!

 

adlersalon@gmail.com

あなたの世の中、社会へ訴えたい思いを、私に文章でメールして下さい!

私の影響力、拡散力と、皆さんの意見で世の中を変えましょう!

800文字〜2000文字だとありがたいです!

 

【ご意見】

今の社会は強い人、弱い人、それを傍観する人に分かれていると感じる。


一生懸命仕事していても評価される人はされるが、されない人がいるのは何故だ?


ミスが発覚しても事故者扱いされる人間とうまく交わし、その時の運で逃れる人間との違いはなんだ?


上司からして、一旦レッテル張りしたら、そのまま、リカバリーの機会を与えないのはなぜだ?


自由気ままに言いたいことを言い。
空気別に読んでる訳でもないし、私は自由だ。
嫌いな人は無視すればいい。


これは本当に強い人なのか?
でも実際評価される人ってこんな人。
仕事はできる。


でも社会人としてどうなんだ?と思う人間。
それを取り巻く人。取り巻き。傍観者。


日本特有の出る杭は打たれる。なのか?
その人に反すると会社に居づらくなる。


この風習はなんだ?
その人がそんなに偉いのか?

今の世の中マニュアル通り、すっと頭に入ってきやすい理解力がある人間は生き残っていける
どちらかというと時間のかかる不器用な人間は厄介扱い。


そんなにそいつらは偉いのか?
なぜ日本は弱い物を叩くようになったのか?


排除するようになったのか?
一般的な人を好むのか?

 

これって本当に思い込みでしょうか?
被害者妄想なのでしょうか?