アドラー心理学サロン

実用的なアドラー心理学をご紹介しております。TwitterやFacebook、Instagramでも発信しておりますので、是非ご覧下さい。

【世の中、ここがおかしい❗️】正義の名を借りて…(社会への訴え)

アドラー心理学サロンです。

 

複数の短文のご意見を頂きましたので、分割してお届けします。

 

あまりにも短文ですと、今後は掲載が困難な場合がありますのでご了承下さい。

 

私にメールで、日常で感じている鬱憤、憤り、悲しみ、苦痛を吐き出して下さい!

 

ネットが発達して、SNS全盛期の今の時代だからこそ、私達の声を素早く、広く、世の中に発信できます!

 

私の影響力をご活用下さい!

 

どしどしご意見お待ちしております!

 

adlersalon@gmail.com

あなたの世の中、社会へ訴えたい思いを、私に文章でメールを送りつけて下さい!

私の影響力、拡散力と、皆さんの意見で世の中を変えましょう!

800文字〜2000文字だとありがたいです!

 

【ご意見1】

最近ツイッターでよく見かけるのが、晒し行為です。

本人は「問題ある人物がいたり、行為があったので正義のため、注意喚起のつもりでやった」と主張するのですが、盗撮もいかがなものか(そもそも肖像権違反です)と思います。

注意喚起と言いつつ、実態は「こんなやつがいた!これはバズるかも!w(やったぜ!)」という面白半分(9割?)の行為であると考えられます。

実際にあった特に非常にまずい例を挙げます。

「(とある施設)の立ち入り禁止の場所に入って撮影してた奴らがいた!」というツイートが写真とともに投稿されていたのですが、実際にはその人達はその施設から許可を得ており、晒されるいわれは全くなかったのです。
特にこの場合はただの街中でもなく施設内ですから、そういったことを見かけ、「これは許せない。問題だ。」と思ったのならば施設のスタッフに一声かければよかった話です。そうすれば、問題があるならスタッフが注意しますし、許可があるなら「許可してますよ。」で済む話でした。

これはまさに面白半分の行為と思われてもいたしかたないでしょう。

正義という名を借りて身勝手な盗撮をし、それを全世界に発信する行為は現代のスマホ、ネット社会のおおいなる問題の一つだと思います。

また、なんでもない場面を写真に撮り、大げさな悪意のあるキャプションをつけて投稿して炎上させるという例も見られます。
ここまでくると救いようがありませんが、まだまだ人間の道徳が道具の進化に追いついていないのかなと思います。

以上です。
また投稿させていただくかもしれませんがよろしくお願いいたします。

PS:政治的主張などについては少し趣旨が違う気がするので、掲載されるかどうかは今後は内容を精査され、掲載の可否を判断する方針にされてもいい気がします。

 

【ご意見2】

自分の気持ちを一番理解できるのは
自分自身
不満を人に伝えたところで
結局は他人事

だから人に助けを求めるんじゃなくて
どうしたら自分を救えるか自分で考える

でも自分の知識では限界がある
そんな時に役立つのが本だったり
似た壁を突破した人間だったりする

自分を守れるのは
自分だけ

 

【ご意見3】

仕事であれ、人間関係であれ、筋の通ったこたをして正しく認めてもらえる社会になれ。

訳のわからない、真実でないことを認めて人を傷付けてまで福祉を声高に唱える行政・会社を許す現状はおかしい。

 

【ご意見4】

【お互い様】
この一言で 世界は温もりに包まれる

 

【ご意見5】

誕生日は周りから祝ってもらう日ではありません。
産んでくれた両親に感謝する日です。